あなたは賃貸派?持ち家派?それぞれの考え方を知ろう

白い家

賃貸派と持ち家派の色々な考え方

使いやすく、質のいい名刺作成ならアドプリントにお任せください!安心の低コストで作成を依頼でき、また名刺のデザインも様々ご用意しております!ビジネスにおける大切なアイテムを高品質なものにしてみましょう!

住宅に関しては賃貸派も居れば、持ち家派もいます。持ち家派には、戸建て派とマンション派の方がいます。持ち家の戸建て派は、ローンを組んで家賃並みの支払いをしていれば、ローン完済時には住居の価値はゼロになっていても、土地の価値が残ると言うメリットを重視する人や小さくとも庭がある生活に憧れる人が多いようです。
賃貸派は、家族構成や生活パターンに合わせて自由に住み替えができるメリットや、サラリーマンで転勤時に持家では売買や借家にする事が面倒だと言うデメリット等を上げる人や、交通の便の良い都心に住まうには、マンション以外選択肢がないと言った理由が多いようです。
しかも、サラリーマンが新築の住居を購入して住み始め、転勤になって売却しようとすると、中古として一気に価値が下落し、大損を被る事も、賃貸派の方の大きな理由の1つのようです。
この最後の事項は、住居を購入する際には結構重要な事です。転勤で売却せざるを得ないと言ったケース以外に、少々無理なローンを組んで、返済に行き詰まれば、売却すれば良いとの軽い考えで購入し、実際に売却せざるを得なくなった時に、その価値が大きくダウンして損失を埋める事に四苦八苦すると言ったケースもあり、注意が必要なのです。
新築では短期間しか住んでいなくても、売却する時には中古になると言う事は頭に置いておくべき点です。
最近では大阪の八尾市でも、戸建にも空き家が増えており、社会資産の有効活用と、こうしたリスク回避のために中古をリフォームして住むと言う手も1つの賢い方法かもしれません。

賃貸マンションと分譲マンション、住むならどちら?


大阪の八尾市で住むなら賃貸マンションと分譲マンションどちらがいいのでしょうか?
個人的にはメリット・デメリットなどありますが、安定した分譲マンションのほうがよいと思っています。
賃貸の最大のメリットは、比較的簡単に引越すことができる点だと思います。住まいはやはり年が立つにつれて傷んだり汚れたりします。どんなにきれいに使っても普通の使い方をしていれば新築よりも2年目、5年目、10年目と進むにつれて傷つき、汚れます。そんな時、次の物件さえ見つかれば比較的簡単に引っ越すことができる、これが最大のメリットだと思います。つまり、物件さえあれば、新しい住まいに住み続ける事が出来る点です。近所の騒音がひどかったり、隣人があまりよくない場合も同じです。もちろん、引っ越しの煩わしさもあるでしょうし、実際にそういう気持ちで賃貸に住んでも住み替えをする人は案外少ないかもしれません。少なくとも、私の周囲ではなんだかんだ言って1つのところにとどまってしまう人が多いです。
一方の分譲のメリットは、賃貸で家賃を払う事を考えると、その金額がローンの返済金額などと同じくらいですから、同じ金額で自分の家を持つことができるということです。賃貸だと結果としては、お金を捨ててる気がします。最近の新築の場合は、好みに応じて間取りの設計が出来たりしますし、マンションによっては細かい規定がありますが、自分の家なので比較的自由にリフォームなども、できることも分譲にはない良さだと思います。
また、ローンが終われば、管理費マンション修繕金があるので0円にはなりませんが、格段に月の支払いが減ります。これは何気に大きいです。
デメリットとしては、賃貸のように簡単には住み替え出来ない点です。最上階ならいいのですが、やはりマンションは上階の物音はかなり響きます。人が入れ替わったり、家族構成が変わることで、急に騒音が発生するようなこともあります。だからといって簡単には越せません。ローンが終わっていないと手続きやそのあとの返済計画も変わってきますから。もちろん、資産価値も下がるので、金利分や下落分は損してしまうことにはなるのですが。
また、マンションによってルールは異なりますが、マンション管理組合の理事といった役割も輪番で回ってきます。この仕事、真剣に取り組むと案外時間が束縛されるものです。
そして、馬鹿にならないのが固定資産税。案外、これが高くてびっくりです。
こうしたデメリットを考えると、賃貸も魅力的なのですが、やはり「自分の家を持ちたい」という気持ちがあると、デメリットを相殺しても分譲マンションがいいと思ってしまいます。
私も賃貸から分譲へ引っ越してから、新築から10年以上経過してしまいました。そろそろ、新しいところへ住み替えたい!というのが本音です。もちろん、また分譲にしますが。

賃貸と分譲に住んでみての感想


10年前に結婚して最初に住んだのが大阪の八尾市の2LDKの賃貸マンションでした。主人の仕事の都合で駅近で利便性のいい所を選ばなくてはいけなく、広さのわりには家賃が高かったです。立地がよかったので仕方がないですが…。
当時まだ子供は、1人だったので部屋の数もそれほど要らなかったので、部屋は困らなかったのですが、ただお風呂とトイレがそれぞれすごく狭かったです。トイレは壁が目の前にありとても圧迫感を感じました。あと、洗面台がなくお風呂場に小さい手洗い場がついていました。
家族で住んでいる人もたくさんいましたが、どちらかと言うとファミリータイプのマンションより、少し広めの1人暮らし向きのマンションといった感じでした。
それから、賃貸マンションでもう1つ気になったのが、音漏れでした。住んでいたマンションでは上の階の人のトイレを流す音が聞こえてきたり、お風呂のシャワーの音が聞こえたり、生活音がすごく聞こえてきました。それは嫌でした。
他のマンションに住んでいる人とかにも聞くと、どんなマンションでも生活音の問題は大なり小なりあるよ。と言っていました。私はマンションに何かあった時は、管理人さんがいて安心な面はありますが、やはりそういう生活音を気にしながら生活するのは嫌です。賃貸や分譲であっても自分たちの家と言う感覚がマンションでは持てません。
なので、私は新築でも中古でも一戸建てがいいです。 現在は中古ですが、大阪の八尾市で一戸建てに住んでいます。一戸建ては維持費はかかりますがとても快適に過ごせています。




不用品買取は大阪の【生活レスキュー隊】におまかせください!出張費用・査定費用は全て無料です!ぜひ、ご利用ください!

最新の記事

ニュース一覧

TOP